『アンサングシンデレラ』【2020年春ドラマ】

『アンサングシンデレラ』8話のネタバレ感想!在宅医療でみどりが学ぶことって?

更新日:

『アンサングシンデレラ』イメージ図

ドラマ『アンサングシンデレラ』は、石原さとみさん主演で、

史上初・病院薬剤師をテーマにしたドラマです。

お団子ヘアがチャームポイントの主人公・葵みどりが、

”患者と向き合うこと”を信念とし、日々奔走する姿が描かれています。

8話では、在宅医療”がテーマとなっています。

みどりは研修先の薬局で在宅医療について学ぶことになりますが、そこで末期ガンを患う荒神の妻・泰子に出会います。

また、くるみはアレルギー性鼻炎を患う男性のあることが気になります。。

ドラマ『アンサングシンデレラ』8話

  • ネタバレ
  • キャスト
  • 視聴された方の感想
  • 見逃し動画を無料で観ることができるサイト

などについてまとめました。

ドラマ『アンサングシンデレラ』8話のキャスト

 

この投稿をInstagramで見る

 

ジャム(@jam_1_2_3_4)がシェアした投稿 -

葵みどり 役 … 石原さとみ
《萬津(よろづ)総合病院薬剤部の病院薬剤師8年目。患者に当たり前の日々を取り戻してもらうため、患者と真摯に向き合う。 》

 

この投稿をInstagramで見る

 

石原 さとみ-ishihara satomi-(@_ishihara_satomi_)がシェアした投稿 -

小野塚 綾 役 …  清原 翔 → 成田凌
《ひょんなことから、みどりと出会った謎の青年。》

 

この投稿をInstagramで見る

 

成田凌【fanpage】(@naritaryo_fanpage)がシェアした投稿 -

相原くるみ 役 … 西野七瀬
《萬津(よろづ)総合病院薬剤部の新人薬剤師。消極的な理由で薬剤師になったが、みどりの真摯な姿勢を見ているうちに、仕事に対する気持ちが変わっていく。》

 

この投稿をInstagramで見る

 

にしのななせ(@nishino.nanase.official)がシェアした投稿 -

刈谷奈緒子 役 … 桜井ユキ
《萬津(よろづ)総合病院薬剤部の病院薬剤師。調剤のプロで、淡々と仕事を進める。》

 

この投稿をInstagramで見る

 

actresslover(@actress_lover_jp)がシェアした投稿 -

羽倉龍之介 役 … 井之脇 海
《萬津(よろづ)総合病院薬剤部の病院薬剤師。3年目の若手で、ムードメーカーのいじられキャラ。》

 

この投稿をInstagramで見る

 

Taro Yoshida(@taro6078)がシェアした投稿 -

工藤虹子 役 … 金澤美穂
《萬津(よろづ)総合病院薬剤部の4年目の病院薬剤師。うわさ話が好き。》

 

この投稿をInstagramで見る

 

ゆちゃ(@yuchiya5)がシェアした投稿 -

販田聡子 役 … 真矢ミキ
《萬津(よろづ)総合病院薬剤部の部長。一見、温厚で優しそうに見えるが、ズルさや計算高さもある》

 

この投稿をInstagramで見る

 

@re_hironon3がシェアした投稿 -

辰川秀三 役 … 迫田孝也
《中華料理店・娘娘亭(にゃんにゃんてい)の店主。萬津(よろづ)総合病院では、”待たせると激ギレする患者として有名な外来患者。”》

 

この投稿をInstagramで見る

 

みか(@mikan3_3)がシェアした投稿 -

七尾 拓 役 … 池田鉄洋
《萬津(よろづ)総合病院薬剤部の副部長。独特な空気感を漂わせる不気味な男。》

 

この投稿をInstagramで見る

 

池田鉄洋/池田テツヒロ(@ikedatetsuhiro)がシェアした投稿 -

荒神寛治 役 … でんでん
《萬津(よろづ)総合病院薬剤部で"調剤の魔術師"と呼ばれるベテラン薬剤師。ひょうひょうとした物腰の柔らかい雰囲気。》

 

この投稿をInstagramで見る

 

陽子(@yukochandaisuki)がシェアした投稿 -

※右の方です。

瀬野章吾 役 … 田中 圭
《萬津(よろづ)総合病院薬剤部の病院薬剤師。みどりの先輩で、厳しく指導するときもありますが、根は優しく誰よりも患者思い。》

 

この投稿をInstagramで見る

 

田中圭(@tanaka_kei_fan)がシェアした投稿 -

石原さとみさんのコメント

 

この投稿をInstagramで見る

 

石 原 さ と み(@__sa1224.mi)がシェアした投稿 -

スポンサーリンク

「薬剤師というお仕事をもっと多くの人に知っていただきたいと思います。私自身、初めて知って驚いたことがたくさんありました。そして、夢物語ではなく、きちんと現実を伝えていけたらと思います。実際に薬剤師として働く方にとって、“明日もがんばろう”という活力になれたらうれしいです。そして、世の中で働く皆様に“諦めないこと”、“人を大切にすること”というメッセージが伝わるよう精いっぱいがんばりたいと思います」

 

ドラマ『アンサングシンデレラ』8話のゲスト

 仁科敦夫役…東根作寿英

《役どころ》

在宅医療に特化した『笹の葉薬局』の代表。

薬の管理だけでなく、食べ物や副作用なども気にかける。

 

この投稿をInstagramで見る

 

【公式】白衣の戦士!(水曜ドラマ)(@hakui_ntv)がシェアした投稿 -


※右の方です。

荒神泰子 役…大塚良重

《役どころ》

”調剤の魔術師”と呼ばれる荒神の妻。

末期ガンを患っている。

 増田航平役…田中幸太朗

《役どころ》

アレルギー性鼻炎を患う患者。

 

この投稿をInstagramで見る

 

クリ夫(@clio_cleanup)がシェアした投稿 -

 増田翔太役…川原瑛都

《役どころ》
増田航平の息子。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kawahara Mariko(@eight8mariko)がシェアした投稿 -

ドラマ『アンサングシンデレラ』8話のネタバレ

調剤の魔術師と呼ばれている荒神(でんでんさん)が、手品の練習のために休みを取ることになったと、販田(真矢みきさん)は皆に説明します。

大切なDI業務を担っている荒神が不在になるとのことで、動揺する薬剤部メンバーたち。

更に、地域との連携を高めるために、薬剤部から1名を調剤薬局に研修に出すと告げる販田。

研修先は、在宅医療に特化した「笹の葉薬局」と聞き、みどり(石原さとみさん)はすかさず立候補します。日頃から、みどりは在宅医療の実務経験を積みたいと考えていたのでした。

みどりがしばらく抜けるということで、救急センター薬剤師の瀬野(田中圭さん)が、サポートに当たることになりました。

みどりは研修先の「笹の葉薬局」へ。途中で小野塚(成田凌さん)と遭遇します。小野塚も店長の勧めで同じ薬局に研修で参加するとのこと。

「笹の葉薬局」前まで来ると、代表の仁科(東根作寿英さん)が急いだ様子で飛び出してきました。

軽く挨拶を交わした後、早速、みどりと小野塚は仁科に同行することに。

仁科は緊急性のない薬をも、患者の希望があれば早急に届けに行きます。1人暮らしの患者の家の電球を変えてあげることも。

そんな中、大腸がん末期で、在宅治療を選択した患者の元へ、みどりと小野塚は同行することに。初めて終末期の患者に接する小野塚は緊張した様子。

病院で、何人もの終末期患者と接してきたみどりでさえも、何度経験しても緊張すると言います。

担当医と仁科と共にその患者の家を訪れると、応対する荒神の姿が。驚くみどり。患者は、荒神の妻・泰子(大塚良重さん)でした。

痛みに苦しむ泰子に、モルヒネを増量。治療が終わり、みどりと小野塚は荒神の家に残ります。

「驚きました。まさか、葵さんのお世話になるとは」と荒神。

泰子は8年前に大腸がんを発症し治療。半年前に再発が判明し他臓器へ転移。現在は、意識混濁、せん妄も見られるとのことでした。

販田には、半年前から泰子のことは伝えてあり、今回、在宅医療に切り替えるということで休みをもらったとのこと。荒神は、休みの間に手品の腕を磨こうとも意気込みます。

リビングには、毎年の結婚記念日に夫婦で撮影した写真が飾られていました。

毎年、家でお祝いして、荒神が手品を披露するのが恒例となっているとのこと。

今年の結婚記念日の9月19日は明後日。

今までわがままなど言ったことのない泰子が、珍しく「家に戻りたい」と荒神に訴えて来たとのこと。

今年は銀婚式。いつも通りに家で祝って、荒神の手品を見ることが泰子の希望でした。

一方、くるみ(西野七瀬さん)は、アレルギー性鼻炎の増田航平(田中幸太朗さん)の服薬指導を行っていました。前回の来院から考えると、まだ薬は残っているはず。くるみからの指摘を航平ははぐらかします。

外では息子の翔太(川原瑛都さん)が待っていました。目を痒そうに擦る翔太の様子を見た瀬野は、航平のカルテを確認します。

航平の妻は、出産で当院の産婦人科に入院しているとのこと。翔太に持病はないか話を聞いておくよう、瀬野はくるみに指示します。

娘娘亭で食事をしながら、みどりは刈谷(桜井ユキさん)とくるみに、泰子の病気のことを報告します。荒神に、皆にはすべて話しておいて欲しいと頼まれていました。

担当医によると、泰子の余命はあと1週間位とのこと。鎮静の時期だと話すみどり。

鎮静とは、痛みを和らげ、安らかに最期を迎えるようにするためのもので、薬によって意思疎通が出来なくなることもあり、家族にとっては重い決断を迫られることになります。荒神を心配し、表情を曇らせるみどりたち。

結婚記念日の前日、痛みで苦しむ泰子を見かねて、荒神は鎮静剤の使用を決断します。

「あなた、手品は?」と荒神に聞く泰子。

結婚記念日での荒神の手品を楽しみにしている泰子の様子を見て、「やっぱり待ってくれませんか?手品を見せてからに」と荒神は直前で訴えます。鎮静剤の使用は見送られることになりました。

その夜、みどりは、話を聞くだけでも楽になるかもしれないと考え、介護用品を持参して荒神の家に向かいます。

一方、小野塚は「終末期の患者に対応することも大変なのに、患者の家族にまで目を向けることは難しい」と正直な気持ちを仁科に吐露。

仁科は「病院は退院というゴールに向かうが、在宅医療は『最期まで看る』ことを目的としている」と伝えます。その覚悟について考えた小野塚も、荒神の家へ。

一緒に食事を摂りながら、荒神は結婚披露宴で披露した手品のビデオを、みどりと小野塚に見せます。

「私の判断は間違っていましたかね?すぐに鎮静してあげた方がいいと思いますか?」と2人に問う荒神。

みどりは「薬剤師ではなく、友人としてなら、私は奥様に何とか手品を見せてあげたいと思います」と答えます。

みどりと小野塚は手品の手伝いを申し出て、荒神を応援するのでした。

結婚記念日当日。タキシード姿の荒神が、泰子に手品を披露しようとしますが、痛みで苦しみだす泰子。

苦しみ悶える泰子の姿を見て、荒神は「鎮静剤を頼みます。鎮静してください」と叫びます。

「泰子さん、よく頑張ったね。すごく良く効く薬だから」と言って、荒神は泰子に寄り添うのでした。

泰子に鎮静剤を投与したことを、販田は皆に伝えます。暗い表情になるくるみに、瀬野は「今は目の前の仕事!」と伝えて励まします。

再び、航平が来院。前回渡した薬がもう無くなってしまったとのこと。くるみは入院中の妻から、翔太のハウスダストアレルギーのことを聞いており、航平に指摘します。

航平は、症状が抑えられるという理由で、たまに自分の薬を翔太に飲ませているとのこと。くるみはこの薬に含まれるステロイドを長期間使用することで、子供に悪影響を与える恐れがあることを説明しますが、航平は気にも止めません。

そこへ瀬野が。通常は、医師と薬剤師が注意喚起をしていることを説明し、瀬野自身が見た、ステロイドの副作用を発症してしまった子供の様子を伝えます。

「働きながら慣れない子育てに大変だと思いますが、1度小児科に見てもらった方がいいと思います。小児科の薬でしたら、翔太君も安心して飲めますので」とくるみ。

航平は納得し、外で待っていた翔太に謝ります。

瀬野は「患者さんを看取ることは大切だが、それ以上に患者さんの未来を見ることは大事なことだ」と、くるみに伝えるのでした。

鎮静剤で眠る泰子の前で、手品を披露する荒神。

荒神はみどりと小野塚に「色々無理しましたが、無事に妻と銀婚式を迎えることができました。本当にありがとうございました」と感謝の気持ちを伝えます。

この経験をもとに、小野塚は自分の中で覚悟を決めた様子。

研修を終え、病院に戻ったみどりは、留守中のフォローをしてくれていた瀬野にお礼を伝えます。

いつも通りの様子で、救急センターに戻る瀬野でしたが、突然吐血。廊下に倒れこむ瀬野に気づいたみどりは、驚いて駆け寄り…。

その他の話のあらすじや感想はこちらから

 放送日ゲスト 
1話2020年7月16日1話のネタバレや感想⇒
2話2020年7月23日大後寿々花・小林隆2話のネタバレや感想⇒
3話2020年7月30日浅利陽介・嶺岸煌桜3話のネタバレや感想⇒
4話2020年8月6日菅原大吉・宮田早苗・久保田紗友・伊武雅刀4話のネタバレや感想⇒
5話2020年8月13日田中美里・長谷川朝晴5話のネタバレや感想⇒
6話2020年8月20日高林由紀子・山谷花純・佐戸井けん太6話のネタバレや感想⇒
7話2020年8月27日渡辺真起子・モロ師岡・穂志もえか7話のネタバレや感想⇒
8話2020年9月3日東根作寿英・大塚良重・田中幸太朗・川原瑛都8話のネタバレや感想⇒
9話2020年9月10日徳永えり・高橋光臣9話のネタバレや感想⇒
10話2020年9月17日近藤公園・宮澤佐江10話のネタバレや感想⇒
11話2020年9月24日土村芳・朝加真由美・前原滉11話のネタバレや感想⇒

ドラマ『アンサングシンデレラ』8話の感想

どこまでみどりは医療の仕事に関わるのだというぐらい手を広げすぎなのですが、これまでよりはみどりが目立たず他の薬剤師が目立つストーリーとなります。正直、在宅医療にまで直接薬剤師が関わるとは思っていませんでした。考えてみれば薬に関わる事は薬剤師のハンコが要りますので当然ですね。最期を看取るまでの覚悟を持てるのかといえば返答に困ります。その難しさを丁寧な心理描写を交えて見せてくれたのは本当にためになりました。みどりがいつもより目立たない意外なストーリーとなりましたが、心に残る内容です。 《 40代 男性 》

みどりが荒神のために介護用品を届けたり食事を作ってあげたりと今回も尽くす女性になっていました。マネできない生き方であり尊敬できる存在です。 《 40代 男性 》

葵は、在宅看護をケアする調剤薬局に研修に行きました。薬剤師にも様々な仕事があり、勤めてからも研修を受けるのだと知りました。まさか、荒神の妻を担当するとは思いませんでした。痛みがひどい奥さんに、いつ鎮静剤を打つかを荒神が悩む様子に、胸が痛かったです。瀬野が倒れたこともすごく気になります。重い病気でないとよいです。 《 60代 女性 》

荒神がマジックが上手いのがビックリしました。みどりが在宅医療で調剤薬局に研修に行ったのがとてもビックリしました。小野塚も来ていたのがとてもビックリしました。荒神の妻が闘病していたのがとてもビックリしました。 《 30代 男性 》

荒神が手品の練習で休む事での反発が強くても販田は、瀬野に現場をカバーさせて葵を在宅訪問の研修に出したのは、葵に荒神をサポートさせる意味だったので、微笑ましかったです。しかも、葵が荒神の家に届け物をしたり料理を作ったりして薬剤師がなぜ、そこまでするのかと思った小野塚が変わったのも葵の姿に医療人としての自覚が強くなったと思いました。小野塚が初めて患者から有難うと言われたと葵に語ったように、どこか冷ややか態度だった小野塚に変化が見られます。葵の細やかな思いやりが周囲の心に化学変化を及ぼしていくのが毎回、楽しみです。 《 60代 男性 》

荒神さんが銀婚式に手品を見せたいとの思いから前日、鎮静剤を打つ事を辞めたのですが、結局打つ事になり、しかしそれはきっと奥さんの為には良かったと思います。最後に手品をするシーンは涙でいっぱいでした。 《 30代 男性 》

荒神さんと奥さんの夫婦愛が感じられました。在宅医療って決して楽じゃないし、何が正解か分からないですね。でも鎮静剤を打たれた泰子さんが、眠りながらも『耳で手品を感じでいた』と思いたいです。 《 40代 女性 》

荒神さんの手品を始めたきっかけが素敵でした。いくつになっても何年経っても、どんなことがあっても仲良し夫婦でいられるって素敵なことですよね。 《 20代 女性 》

今回の荒神さんの奥さんへの鎮痛剤の投与の場面は考えさせられましたね。痛みに苦しむ奥さんを開放しようと思う荒神さん。だけど鎮痛剤投与するともう意志疎通が厳しくなってしまうんですよね。もしも自分が荒神さんの立場だったらと思うと何が正しいのか答えが見つかりません。 《 40代 男性 》

今回は3つのことがありました。荒神さんが休職した理由は家で奥さんを看取りたいということ、2つ目は入院中の妻に代わり慣れない育児で自分のアレルギーの薬を飲ませていた父親のこと。そして、瀬川副部長が吐血して倒れたことです。荒神さんの奥さんはエンドロールで亡くなってしまったことがわかります。終末期医療には薬剤師も大きく関わることがわかりました。大人と子供では飲む薬が違うとの啓蒙も良かったです。ドラマの最初で瀬川副部長がお腹を押さえているシーンがあったし、吐血したシーンは予告でもありました。血を吐くのは尋常ではありません。来週も見なくては! 《 50代 女性 》

今回は荒神が鎮静を選択したところが、とても難しさを感じました。究極な選択だけどこれ以上辛いところを見るのは、限界があると痛感しました。 《 20代 女性 》

今回は荒神さんに特化した回でちょこちょこと笑いがある内容で朗らかな印象が当初は感じられました。小野塚さんがここ最近葵さん達に協力的になってきたのが微笑ましく映ってきました。 《 30代 男性 》

在宅で薬剤師さんも働かれてるのは初めて知りました。葵さんも何度も終末期を体験しても慣れないと言っていたのが、話を見て、実際に大事な銀婚式でも、苦しまれてる奥様を鎮静させて意思疎通が出来なくても苦しませない決断をされた所がとっても感動しました。 《 40代 女性 》

終末期のがん患者の妻を在宅で支える、荒神さんの苦悩と悲しみを描いた回。薬剤師としてなにもできない葵は、せめて家族である荒神さんの精神的サポートをしようと試みる。しかし結局、銀婚式の手品の直前で鎮静剤を投与することに。最期を看取るのは、決断が必要になるのかもしれないなと強く印象に残った。 《 50代 女性 》

瀬野が口から血を吐いて倒れるというシーンがありました。それまで普通に仕事していましたが、時々胸のあたりを抑えるというのがあったので、重い病気だったら嫌だなと思いました。 《 30代 男性 》

凄く辛い回でした。荒神さんの決断辛かったです。家族が在宅治療であれだけ苦しむ…地獄だと思います。瀬野さん… 《 30代 女性 》

第8話で心に残っているのは、ステロイド剤を服用している父親が子供に飲ませ、症状が改善されたので飲ませていることに薬剤師が気付き、親身になって説得している場面です。 《 20代 男性 》

地域薬局の仕事って処方箋出すだけじゃないんですね。高齢一人暮らしになったら葵のような薬剤師さんに担当してもらいたいです。医療従事者が減っているようですが、心身共にキツい仕事であることを再確認しました。 《 50代 女性 》

末期ガンの奥さんのために色々と頑張って、最後の決断をした荒神が可哀想だと思いました。そして、倒れた瀬野が心配になりました。 《 40代 男性 》

末期がんの在宅医療を軸に進められるストーリーでしたが、あらゆる描写に優しさと暖かさがあり、非常に深みのある素晴らしいメディカル/ヒューマンに仕上がっていたと思います。 《 50代 男性 》

薬剤部に所属しているのに姿を全く見せないひょうきんな荒神が唐突に現れて妻が末期ガンという衝撃的な内容には驚きしかなく、薬学をよく知っているからこそ最愛の妻の事になると戸惑い悩むという今までの放送回よりも全体的に重々しく現実的な内容で視聴者に伝わりやすいように構成されていた所が素晴らしく、エンディング曲と共に荒神夫妻の寄り添い生きてきた楽しそうな日々の映像は涙なく見られませんでした。 《 30代 男性 》

 

ドラマ『アンサングシンデレラ』の主題歌

 

この投稿をInstagramで見る

 

MASA(DREAMS COME TRUE)Official(@dct_masatonakamura_official)がシェアした投稿 -

ドラマ『アンサングシンデレラ』の主題歌

DREAMS COME TRUEさんがドラマのために書き下ろされた、

新曲『YES AND NOです。

4月9日の初回放送までは、どんな曲かは公表されないようです。

初回放送が楽しみですね!

ドリカムが、フジテレビのドラマ主題歌を担当されるのは、

『救命病棟24時 第5シリーズ』以来7年ぶりなんだそうです!

ドラマの内容と同じくらい、楽しみにされている方が多いです。

『アンサングシンデレラ』8話の見逃し動画を視聴するには?

『アンサングシンデレラ』1話見逃し動画が配信されているサイトは、

このようになっています。

サイト名
放送の有無
Tver
△(一週間以内なら無料)
FOD
(一週間以内なら無料)
FOD PREMIUM
○(会員登録で無料視聴可)
Hulu
×(配信なし)
U-NEXT
×(配信なし)
カンテレドーガ
×(配信なし)
Paravi
×(配信なし)

放送終了後1週間以内なら、

この2つのサイトで、

会員登録不要で無料視聴することができます。

再生中にCMが入ったり、アンケートに答えないといけない場合がありますが、

無料で高画質な動画が安全に視聴できます。

また、動画再生サイト、pandoraやdailymotionなどは、

違法アップロードやウイルス感染の危険性があるため、おすすめしません。

放送終了後、1週間以上過ぎてしまった場合は?

  • 放送終了後、1週間以上過ぎている
  • これまでの放送回をまとめて視聴されたい
  • 再生中にCMやアンケートなどが入らない動画が観たい

という方にオススメなのが、
FODプレミアムです。

フジテレビが運営する動画配信サイトなので、

安全面はもちろん、高画質な動画を視聴することができます。

 

本来なら月額料金が888円(税抜)なのですが、

今なら無料お試しキャンペーン中なので、

アマゾンアカンウトを使って会員登録するだけで、

1ヶ月間、月額料金が無料になります。

また、『絶対零度』はFODプレミアム作品なので、

FODプレミアム会員なら、各話に視聴料が発生しません!

月額料金(1ヶ月目は無料)のみで、『絶対零度』の動画を視聴することができます。

FODプレミアム

『アンサング・シンデレラ』の見逃し動画を無料で観れる方法は?ネタバレやキャストも

まとめ

石原さとみさん主演ドラマ『アンサングシンデレラ』8話

  • ネタバレ
  • キャスト
  • 視聴された方の感想
  • 見逃し動画を無料で観ることができるサイト

などについてまとめました。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

スポンサーリンク

-『アンサングシンデレラ』【2020年春ドラマ】

Copyright© VOD Path , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。