『35歳の少女』【2020年秋ドラマ】

『35歳の少女』1話のネタバレ感想!望美たち家族の秘密とは?

更新日:

ドラマ『35歳の少女』【2020年秋ドラマ】イメージ図

35歳の少女』は、柴咲コウさん演じる、事故に遭い25年もの間眠り続けていた女性・望美が、

心は10歳のまま、35歳になった自身と向き合い、成長していく姿が描かれています。

また、望美の事故により、バラバラになってしまった家族の変化も、注目です。

ドラマ『35歳の少女』1話

  • ネタバレ
  • キャスト
  • 視聴された方の感想
  • 見逃し動画を無料で観ることができるサイト

などについてまとめました。

ドラマ『35歳の少女』のキャスト

ドラマ『35歳の少女』のキャスト

 望美(のぞみ)役…柴咲コウ

 

この投稿をInstagramで見る

 

柴咲コウ (@ko_shibasaki)がシェアした投稿 -


《役どころ》
不慮の事故で、10歳から25年間眠り続けていた女性。

体は35歳、心は10歳のまま。

望美(幼少期)役…鎌田英怜奈

 

この投稿をInstagramで見る

 

ゆちゃ(@yuchiya5)がシェアした投稿 -

 広瀬結人(ゆうと)役…坂口健太郎

 

この投稿をInstagramで見る

 

坂口健太郎(@sakaguchikentaro117)がシェアした投稿 -


《役どころ》
望美の小学校のクラスメイトで初恋の相手。

小学校の教師になったものの、ある事件をきかっけに退職した。

自信のなさを隠すため、常に他人には上から目線と批判で自分をなんとか保っていたが、望美との再会で、自分を見直していく。

時岡愛美 役…橋本愛

 

この投稿をInstagramで見る

 

橋本愛(@ai__hashimoto)がシェアした投稿 -


《役どころ》
望美の3歳下の妹。大手広告代理店の営業部で働いている。

一見、仕事のできる美人だが、メンヘラのかまってちゃんタイプで恋には不器用。

姉の事故により一変した家族を取り巻く環境に、『自分は姉の代わりになれない』と苦しむようになり、姉の目覚めも素直に喜べずにいる。

 今村進次役…田中哲司

 

この投稿をInstagramで見る

 

dew(@sonyaruri05)がシェアした投稿 -


《役どころ》
望美の父。

娘の事故の後、壊れていく家族・徐々に狂っていく夫婦の歯車に対して、優しいがゆえ何もできずに背を向けてしまった。

 今村加奈役…富田靖子

 

この投稿をInstagramで見る

 

【公式】TBS系列火曜ドラマ「私の家政夫ナギサさん」(@watanagi_tbs)がシェアした投稿 -


《役どころ》
進次の再婚相手。息子を連れた子連れ再婚。

控えめで穏やかな性格で、進次が前の家庭に未練があることに感づきながらも、何も言えないでいる。

 今村竜也役…竜星涼

 

この投稿をInstagramで見る

 

竜星涼(@ryo_ryusei)がシェアした投稿 -


《役どころ》
そこそこの企業に就職したものの、いじめが原因で2年足らずで退職してから引きこもっている。

相沢 秀男役…細田善彦

 

この投稿をInstagramで見る

 

dew(@sonyaruri05)がシェアした投稿 -


《役どころ》
愛美が勤務する大手広告会社の営業部課長。

愛美と付き合っていたが、重すぎる愛にうんざりし別れたあともストーカーまがいの追い回しを受ける。

 林田 藤子役…大友 花恋

 

この投稿をInstagramで見る

 

大友花恋(@karen_otomo)がシェアした投稿 -


《役どころ》
愛美の部下で、相沢の恋人。

コネ入社で、甘やかされて育ったため、周りからチヤホヤされるのは当たり前だと思っている。

 時岡 多恵役…鈴木 保奈美

スポンサーリンク

 

この投稿をInstagramで見る

 

鈴木保奈美(@honamisuzukiofficial)がシェアした投稿 -


《役どころ》
望美の母。

保険の外交員をしながら、二人の娘を女手一つで育ててきた。

『いつか娘が目覚める』ことだけを信じて生きてきたが、その夢が叶った時、彼女の時計は別の方向に進み始めてしまう。

キャストの詳しいプロフィールや過去の出演作はこちら!

⇒『35歳の少女』のキャストのプロフィールやあらすじ!主題歌は?

ドラマ『35歳の少女』1話のネタバレ

 

この投稿をInstagramで見る

 

【公式】「35歳の少女」土曜よる10時(@shojo35)がシェアした投稿 -

おつかいを頼まれた10歳の望美(鎌田英怜奈さん)は、自転車で出かけて行きます。

坂道を走っていた時、ブレーキがきかないことに気づきますがそのまま坂道を止まることなく走り続けた自転車は、ガードレールを超えて崖に落ちてしまうのでした。

病室で目を覚ました望美(柴咲コウさん)。25年前の事故以来眠り続けていた望美は、既に35歳になっていました。

奇跡的に目を覚ました望美でしたが、介護をしてくれていた多恵(鈴木保奈美さん)は以前より年をとって冷たい雰囲気になっていて動揺します。

多恵から連絡を受けた父親の進次(田中哲司さん)と妹の愛美(橋本愛さん)も、スッカリ変わってしまっていて、変わり果てた家族の姿に動揺を隠せない望美でした。

現実を受け入れられない望美でしたが、多恵が毎日望美の体のケアをしていたため、リハビリも順調で退院の日を迎えます。

多恵は進次と愛美を呼び、離婚したことや家を出たことは隠しておくようにと言います。

家に訪れると、多恵がすき焼きの用意をしていて驚く進次と愛美。

望美はすき焼きの豆腐を買いにいって事故に遭ったからでした。

しかも、ブレーキを直すのを忘れていた進次や、おつかいを頼まれたのに嫌だと断った愛美は責任を感じていたのです。

さらに、豆腐を買い忘れた多恵にも責任があると言う愛美。

すると、だからこそすき焼きをみんなで食べなければいけないのだと言う多恵。

ぎこちなく家族で食卓を囲んでいると、望美の幼なじみの結人(坂口健太郎さん)が訪ねてきます。

結人もスッカリ大人になっていて戸惑う望美でしたが、借りたままになっていた「モモ」の本を返します。

その後、食事をしながら結人が小学校の教師をしている話を聞く望美たち。

子供たちのことを楽しそうに話す結人の顔を見ながら、嬉しそうな顔になる望美。

ですが、徐々にトーンダウンしたと思ったら「そんなの嘘です」と言い出す結人。

馬鹿馬鹿しくて教師は辞めたのだと言い、望美が夢見ていた未来はここにはないとび、目覚めない方がよかったんじゃないかと言い出します。

それを聞いた多恵は、結人の頬を叩き「帰って」と言います。すると、大声で子供のように泣き出す望美。

翌日、望美の姿が見えなくなったことに気づいた多恵は、結人に連絡をします。

その頃、望美は小学校に向かっていました。

そこに結人が現れ、小学校も変わってしまったと告げ、帰ろうと言います。

ですが結人の言うことを聞かずに図書館に向かった望美。

中に入ると想像より変わっていなかったことに驚く結人でしたが、望美は自分の声や顔が変わってしまったことが嫌だと打ち明け、泣きながら目覚めなければよかったと言います。

すると、結人は小学生の頃の望美は人のことを自分のことのように喜んだりしていたことを話し、そんな望美が初恋の相手だったと打ち明けます。

事故にあってしまい気持ちを告げられなくなったことに後悔していたと言い「だから目覚めてよかった」と話す結人。

その言葉を聞いて、泣きながら「結人くんだ」と何度も繰り返し叫ぶ望美でした。

その他のストーリーのネタバレやゲスト情報はこちら!

 放送日 
1話2020年10月10日1話のネタバレや感想⇒
2話2020年10月17日2話のネタバレや感想⇒
3話2020年10月24日3話のネタバレや感想⇒
4話2020年10月31日4話のネタバレや感想⇒
5話5話のネタバレや感想⇒
6話6話のネタバレや感想⇒
7話7話のネタバレや感想⇒
8話8話のネタバレや感想⇒
9話9話のネタバレや感想⇒
10話10話のネタバレや感想⇒

 

ドラマ『35歳の少女』1話の感想

10歳から25年も眠り続けたままなんて、一番楽しい時を過ごせなかったのが可哀想と思いました。お母さんの諦めなかったのが、凄いなと思いました。 《 40代 女性 》

10歳から35歳へのワープ。主人公の「のぞみ」は、人格を形成するうえで一番大切な時期を失い経験していません。ただ単に25年後の世界や生活様式の変化に驚くばかりではなく、自分自身の変化にも対応できなくて戸惑っているようです。これから、彼女がどうやって35歳の女性に成長していくのかとても興味があります。ただ、彼女を取り巻く家族もそれぞれに問題をや心の葛藤を抱えているようです。のぞみを通して家族もまたこの25年間を埋めていき、成長していかなければならないのかもしれません。どうやら小学校の同級生「結人」と小説「モモ」がカギを握っているように見えますが・・・これから、ストーリーがどう展開していくのか、とても興味がありますが「遊川」作品なので一筋縄ではいかないような気がします。 《 60代 女性 》

10歳で事故にあい、25年間お母さんがずっと看病していたことに心を打たれました。同じ母として目覚めて欲しいと思う気持ちは同じです。凄いと思いました。でも目覚めてからの生活が大変なんだな、と感じました。少しずつ受け止めて欲しいと思いました。 《 40代 女性 》

10歳で事故に遭い25年間昏睡状態から目覚めたという設定はどこかで見たことがあるような設定ですがベタなことが一番面白いと言いますから結構楽しめましたね。少し画面が暗いです。 《 30代 男性 》

10歳の望美が自転車で事故をするシーンは見ていてドキドキする怖さでした。そして25年ぶりに目を覚ますと家族がバラバラになっている展開は驚きましたが、少し笑えました。これから望美が25年の空白をどうやって埋めていくのか楽しみです。 《 40代 男性 》

とっても面白かったです。望美の心の中の声が子供なので、25年間の空白時間を感じました。結人が言った言葉に最初はムカつきましたが、その後2人だけで話せて良かったと思います。 《 40代 女性 》

ドラマ「35歳の少女」は、25年後に目覚めるというストーリーに驚きでした。全てが変わってしまった世界に戸惑う、主人公の心の葛藤が印象的でした。柴咲コウさんが本当に子供の様に泣くシーンや、表情だけで感情を表す演技がとても素晴らしかったです。 《 30代 女性 》

ドラマの出だしが何となく最近放映された別のドラマに似ていたので、一瞬あれっ?と思いましたが、そこは遊川和彦さんの脚本ですね、ドラマが進むにつれて今後いろいろなことが起きそうな予感がする内容でした。最後どうなるのかハッピーエンドを期待したいところですが、遊川さんのドラマは一筋縄ではいかないので、いろいろな結末を予想しながら次回以降も見守りたいと思います。 《 50代 女性 》

ヒューマンドラマでもありホームドラマでもあると思います。柴咲コウさん演じる主人公が、中身が10歳の少女という難しい役柄を本当に上手く演じていました。これから彼女がどう成長していくのか期待できる内容でした。 《 30代 男性 》

家族の物語と聞いて心が温かいドラマかなと考えていましたが、意外とさっぱりとしたドラマでした。ここから家族が繋がるのか絆が生まれるのか気になります。 《 20代 男性 》

韓国ドラマの「30だけど17です」がとても好きだったので、この番組の告知を見たときは、リメイク?と思ってみましたがが、違いましたね。柴崎コウさん演じる主人公望美ちゃんは、事故にあうのは10歳だから、描こうとしている心の描写が全く違ってました。10歳の子どもだからこそ、気遣う周囲の行動や望美の不安感。よく描かれていて面白いです!柴咲さんが、まさに10歳の子供で、大泣きしていました。彼女が眠っていた25年間に幸せだった家族に何が起きたのか、特に坂口健太郎さん演じる広瀬結人には、複雑な事情がありそうでこれからが楽しみです。 《 50代 女性 》

昏睡状態から意識が回復した女性の25年後からスタートすると言う面白いドラマだなと思って見ていました。これから主人公の女性は様々な変わっている生活の葛藤と戦って行くのだろうなと思いました。 《 40代 男性 》

事故のせいでバラバラになってしまった家族の悲しさと目覚めたら35才と言われても、10才の頭では受け入れられないだろう現実が切ないストーリーでした。 《 50代 女性 》

自分がもし望美と同じ運命だったらって思うと、見ていてゾッとしますね。望美本人も辛いだろうけど、周りも大変なわけで、こればっかりは難しい。 《 20代 女性 》

実際に25年後に行ったら驚くことばかりだと思います。10歳から35歳までの記憶がない希美は、混乱して、泣くしかなかったのです。でも、結人が、目覚めて良かった、初恋の人だったと言ってくれて自分を少し取り戻したようです。これから、空白をどのように埋めていくのかを見て行きたいです。 《 60代 女性 》

柴咲コウさんが10歳の少女の役は少しキツいかなと。見てて恥ずかしくなりました。あとは母親がとても過保護で毒親な感じが恐怖感をあおります。 《 20代 女性 》

柴咲さんの演技はやっぱり奥深いものがあって、鈴木保奈美さんは綺麗だし、やさぐれた髭の坂口くんもかっこいいし当たり役だなって思います。支えてきた母の心労も、壊れた家族も、のぞみちゃんも、いろんな目線でどれも25年の年月は辛かっただろうなと心が痛くなります。 《 20代 女性 》

主演の柴咲コウさんの演技が凄かったです。本当に中身が10歳のままで止まった少女にしか見えなかったです。1話にしてすっかり引き込まれました。 《 20代 女性 》

多恵が望美が意識を取り戻して喜んでいたのがよかったです。進次が泣いていたのがとても面白くてよかったです。望美が愛美が大きくなっていて驚いていたのがよかったです。望美が喋ることができないのがとてもビックリしました。 《 30代 男性 》

多恵の必死さが、見ていてとても辛かったです。多恵が諦めようとしたときに、望美の目が覚めた展開がすごく良かったです。 《 40代 女性 》

体は35歳、心は10歳の逆コナン的な感じよりも、家族がバラバラになっていたりという、現代社会の闇を描いている感じが衝撃的でした。 《 40代 男性 》

不思議なSFのような物語でした。過去の回想ですごく若く見える鈴木保奈美の演技が鋭いのが印象的でした。これからの展開はまったく読めないですね。楽しみです。 《 40代 男性 》

母親のように、昔の幸せを演じるべきなのか、初恋の相手のように、現実を正直に話すべきなのか。もし、自分の大切な人が、何十年も眠り続けた後に、目覚めたらどうしたら良いのかを考えさせられるストーリーでした。 《 40代 女性 》

望美が25年の眠りから目覚めた時、心は少女のままだったので、最初は、時を取り戻すには、25年の歳月は長すぎて残酷だと思いましたが、家族や幼なじみの支えで、生きている意味を見つけられるのではないかと思いました。 《 40代 女性 》

望美が広瀬と再会して、おじさんと想っていたところが面白かったです。心は10歳のままというのは、周りも接するのが難しいんだと感じました。 《 20代 女性 》

望美役の柴咲コウさんの、泣く演技に圧倒されました。本当に10歳の少女が泣いているかのような泣き方で、とても驚かされました。 《 30代 女性 》

本来嬉しいはずの目覚めが巻き起こす騒動をリアルに描き出していて、何とも寂しい、ほろ苦さを感じるストーリーでした。殆ど台詞は無かったですが、柴咲コウが静かな演技を通じて戸惑いを的確に表現していて素晴らしかったです。 《 50代 男性 》

目覚めからのいきなりスタートからベッドの上で25年も長い間眠っているというのがちょっと現実的には信じられない展開でした。家族の昔の回想の時の幸せそうな雰囲気と現在とでまるで別人のような様相で特に妹がサバサバした感じで今後の姉妹の関係性にどんな影響を与えてくるのか少し気になりました。初恋相手については少しずつ距離感がこれから変化していくんでしょうが柴咲コウさんの戸惑っているような表情や仕草がとても巧かったです。 《 30代 男性 》

目覚めた望美に対して母親の多恵が全く笑顔を見せずに真実だけを淡々と伝える行動にビックリ、妹の愛美のツンツン言葉を放つだけの思いやりの無さ、親友のように話すように頼まれすぐにぶっちゃけた結人が一転してデレるという、ブレブレとしか思えない構成には内容を把握するのが一杯イッパイで無理やり詰め込み過ぎていた気がしました。目覚めたばかりの望美にこんなぶっちゃけ話ばかりされたら精神崩壊するだろうなと思いました。 《 30代 男性 》

遊川和彦さん脚本という事で、ディープな内容なのは覚悟してましたが、そこに柴咲コウさんの演技も重なって、特に食事のシーンは涙出ました。 《 30代 男性 》

鈴木保奈美が演じる多恵の強烈な愛が伝わってきました。25年も待ち続け介護をしてあげていた多恵の忍耐強さに感服しました。 《 40代 男性 》

『35歳の少女』1話の見逃し動画を視聴するには?

『35歳の少女』1話見逃し動画が配信されているサイトは、

このようになっています。

サイト名
配信の有無
Hulu
(一週間以内なら無料)
Hulu(会員登録)
○(会員登録で無料視聴可)
日テレ無料TADA!
(一週間以内なら無料)
Tver
(一週間以内なら無料)
FOD
×(配信なし)
U-NEXT
×(配信なし)
カンテレドーガ
×(配信なし)
Paravi
×(配信なし)

 

放送終了後、1週間以内なら、

を利用すれば、無料で視聴することができます。

会員登録は不要で、ページに移動するだけで動画視聴することができます。

日テレドラマ

 

また、それ以降は、

Huluで、月額933円(税抜き)で、視聴が可能です。

しかも、今なら、トライアルキャンペーン中で、

2週間月額料金が無料で、動画視聴することができます。

また、Huluの一部作品には、ストリーミング機能という、

動画をダウンロードできるサービスがあり、

電波状況の悪いところでも、動画が楽しめます。

Wi-Fi環境でダウンロードしておけば、

通信料がほとんどかからず動画が楽しめます!

今まで放送された回を一気見したい場合や、

動画を再生中にCMが入るのが嫌!

電波状況が悪いところでも動画を楽しみたい!

という方におすすめです。

『35歳の少女』の見逃し動画を無料で視聴する方法!あらすじやキャスト情報も!

 

 

まとめ

柴咲コウさん主演ドラマ『35歳の少女』1話

  • ネタバレ
  • キャスト
  • 視聴された方の感想
  • 見逃し動画を無料で観ることができるサイト

などについてまとめました。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

スポンサーリンク

-『35歳の少女』【2020年秋ドラマ】

Copyright© VOD Path , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。